SC2BK70 ブラック EPSON エプソン 純正インクカートリッジ 【沖縄・離島 お届け不可】 インクカートリッジ
SC2BK70 ブラック EPSON エプソン 純正インクカートリッジ 【沖縄・離島 お届け不可】 インクカートリッジ
SC2BK70J-8069
12,332円 25,168円



● 商品の詳細
エプソン SC2BK70 ブラック 純正インクカートリッジ

※価格はインク1個の価格となります

● 対応機種一覧
SC-S30650 SC-S30650C SC-S30650H SC-S50650 SC-S50650C SC-S50650H
SCS30650 SCS30650C SCS30650H SCS50650 SCS50650C SCS50650H


● 関連商品
SC2シリーズ
 SC2BK70 ブラック
 SC2C70 シアン
 SC2M70 マゼンタ
 SC2Y70 イエロー
 SC2CLN インククリーナー
 SC2CLL クリーニング液
 SC2MKIT メンテナンスキット
 SC2WIB 廃インクボトル


● 配送方法・送料・お支払方法
・配送方法 宅配便
・送料    無料
※沖縄・離島・一部地域 お届け不可


※メーカー直送商品のため、納期までに3~7日程かかりますので予めご了承ください。
出荷手配後のキャンセル・返品・交換は承れません。 急な欠品の場合、納期にお時間をいただく場合や、キャンセルとさせていただく場合がございます。


代金引換ご希望のお客様は「お支払方法」にてご指定ください。
※別途代引手数料がかかります


▼ SC2シリーズ ▼

SC2BK70
ブラック


SC2C70
シアン


SC2M70
マゼンタ


SC2Y70
イエロー


【3本セット】
SC2CLN
インククリーナー


【2本セット】
SC2CLL
クリーニング液


【3本セット】
SC2MKIT
メンテナンスキット


【3本セット】
SC2WIB
廃インクボトル





LeTRONC

EDIT ・ POST

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

東京都 > 表参道・青山

SC2BK70 ブラック EPSON エプソン 純正インクカートリッジ 【沖縄・離島 お届け不可】 インクカートリッジ

■セントラル スチールローラコンベヤMMR2808 600W×50PX1000L〔品番:MMR2808600510〕【8584479:0】[法人・事業所限定][直送元][店頭受取不可]

ジャンボペール HG400C キャスター付

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

■TRUSCO TUG型軽量棚100kg単体 1540X324XH1500 4段〔品番:TUG10055K4〕【2075200:0】[法人・事業所限定][直送元][店頭受取不可]

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

SC2BK70 ブラック EPSON エプソン 純正インクカートリッジ 【沖縄・離島 お届け不可】 インクカートリッジ

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

■静岡 RKF7シリーズ用収納カバー〔品番:50828208001〕【2511407:0】[送料別途見積り][法人・事業所限定][直送][店頭受取不可]

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

人気のキーワード

LAYADESIGNS.COM RSS