ポルシェ 718 Cayman ケイマン Dry Carbon ドライカーボン リアディフューザー スポイラー Diffuser Spoiler リアスポイラー
ポルシェ 718 Cayman ケイマン Dry Carbon ドライカーボン リアディフューザー スポイラー Diffuser Spoiler リアスポイラー
cd5nqtKMyzCEPU13-3807
157,119円 320,650円





商品名:718 Cayman Diffuser Spoiler
適用車両:Porsche 718 Cayman、Boxster
材質:Dry Carbon

ドライカーボンは超強度と超軽量を両立した製品ですが、予め製作した「型」にカーボンクロスを何層にも貼り、高温・高圧で仕上げるという手作業無しでは不可能な製造工程となります。ドライカーボンは製造設備や材料費、生産の手間がかかることからコストが高くなってしまいます。
性能面では、ドライカーボンはウエットカーボンに比べ耐熱性が高く、機械的強度がFRPやウエットカーボンより数十倍高い為、高性能を必要とする分野で使われています。
•ボルトなどの締め付け面が圧縮破壊されにくい。(FRPなどは強度が無いため、ボルトの取り付け面などから割れます)
•非常に軽く作る事が出来ます。(FRPに比べ重量比が半分~1/3になります)
•ハニカムを入れる事により更に軽量で高剛性の製造が可能です。
•ピンポイントの変形がありません。(ボンネットを押してもへこまない)
以上のような特徴から、レース用の自動車パーツや、航空・宇宙工学分野では必須なものとなっております。近年では軽量で耐久性のある性質から、工場などで使われる製造マシン(ロボット)のパーツとしても使われております。
LeTRONC

EDIT ・ POST

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

東京都 > 表参道・青山

ポルシェ 718 Cayman ケイマン Dry Carbon ドライカーボン リアディフューザー スポイラー Diffuser Spoiler リアスポイラー

ピカコーポレイション 移動式足場EGA EGA-30B

FXBB/FLSL(18年~) 023308 デイトナ2アップシート バスケットウェーブ LePera(ラペラ)

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

【クーポン有】デスク パソコンデスク 120 PCデスク ワークデスク シンプルデスク 作業机 机 パソコン机 つくえ テーブル[幅120cm 奥行45cm]スリムデスク フリーテーブル 在宅 机 テレワーク(2色)[送料無料] 在宅ワーク シンプル 黒 ブラック 白 ホワイト 西濃運輸

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

ポルシェ 718 Cayman ケイマン Dry Carbon ドライカーボン リアディフューザー スポイラー Diffuser Spoiler リアスポイラー

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

京風庵大むら 紳士用京扇子七寸五分手描高級扇子 とうがらし

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

コメント

コメントを投稿しよう!

人気のキーワード

LAYADESIGNS.COM RSS